流通情報

流通情報
畜産総合対策部

畜産情勢

牛肉

強含みで推移

 11月の成牛と畜頭数は、速報値で約9万7千頭(前年比93.8%)と減少しています。

 11月の東京市場枝肉卸売価格は速報値で、和牛去勢A5が2844円(前年比98.5%)、和牛去勢A4が2517円(同 95.4%)、和牛去勢A3が2225円(同 91.0%)、交雑牛B3が1436円(同 87.3%)と、前年を下回りました。

 農畜産業振興機構の12月の国内出荷予測頭数を品種別にみると、和牛が約4万6千頭(前年比102.5%)、交雑牛が約2万3千頭(同 108.2%)、乳牛(雌含む)が約2万9千頭(同 98.9%)で、全体では約9万9千頭(同 102.6%)と見込んでいます。

 年末年始に向けた手当ては、年内最終せりと年始初せりの間が前年より長くなることもあり、例年よりも早く11月後半から動き出しました。今後、手当てが本格化しますが、12月相場は最後まで強含みでの推移が予測されます。

豚肉

しばらく高値続く

 11月の全国と畜頭数は速報値で、約138万頭、前年同比97.1%となっています。

 11月の東京食肉市場枝肉相場は速報値で580円/kg(前年比112.8%、前月比105.8%)となり、前月同様に、前年を大きく上回りました。出荷頭数が前年を下回る中、季節的な需要増と水産物カテゴリーからの需要シフトがあり、11月としては平成に入って2番目の高値となりました。

 農林水産省食肉鶏卵課発表の12月出荷予測頭数は、約152万頭(前年比102%)です。スライス、鍋物商材などの季節需要に加え、漁獲量が低迷する水産物の代替需要が加わることで、供給を上回る需要が見込まれます。また、依然少な目で推移している国産冷凍在庫を確保する動きも衰えが見えないことから、しばらくは高値が続くものと予測します。

 

鶏肉

最需要期 もも中心に上げ

 11月の相場は、もも肉605円/kg(前月比22円上げ)・むね肉319円/kg(前月比3円下げ)で、正肉合計で924円/kgと前月比19円上げとなりました。もも肉は、11月初め597円、月末617円と上げ基調ですが、ブラジル産冷凍もも肉の投げ(200円/kg程度との報道)の影響で頭を押さえられたためか、予想より若干安めの展開となりました。むね肉は前月比若干の下げとなっていますが、旺盛な需要に支えられ前年比48円高と相変わらず高い水準が継続しています。

 12月は最需要期でクリスマス・鍋物需要が増加するため、もも肉を中心に価格上昇が見込まれます。もも肉は月平均で630円、むね肉についても加工筋などからの引き合いが引き続き強く、月平均で320円と予測します。

 

鶏卵

強含みの展開

 11月の東京相場の月間平均は、Mサイズ基準値228円(前年比−3円)となりました。

 業務筋は、天候不順が少なかったことから前月よりも堅調な荷動きとなり、テーブルエッグについても前月に続き定番、特売ともに引き合いが強い状況が続きました。また、外食チェーンが鶏卵を使用したキャンペーンを積極的に実施していることも、相場を下支えしています。

 今後は最需要期に向けて生産量はピークを迎えるものの、テーブルエッグ、業務・加工筋とも引き合いがさらに強くなると考えられ、高病原性鳥インフルエンザが頻発した昨年ほどの水準ではないものの、相場は強含みで推移するものと予測します。

カテゴリー最新記事

ページトップへ