流通情報

流通情報
園芸部

青果情勢(園芸部)

野菜

関東や準高冷地が出荷の中心
【概況】 

 7月は、東北・北海道や高冷地からの出荷が本格化してきます。

 キャベツは、群馬・長野 ・岩手などの高冷地中心の出荷となります。群馬・長野は前進傾向で順調な生育となり、昨年を上回る出荷見込みです。岩手は夜温の低下からやや生育遅れていますが、作柄良好となっています。

 ハクサイは、長野などが中心の出荷となります。低温・干ばつの影響で小玉傾向で推移していますが、気温上昇に伴い数量は増加する見込みです。出荷量は、前年並みを見込んでいます。

 ダイコンは、北海道・青森などが中心の出荷となります。低温などの影響で生育が遅れ気味の圃場(ほじょう)があります。生育遅れと高齢化による作付け減少から前年を下回る出荷を見込みます。

 ニンジンは千葉の出荷が終盤で、青森・北海道などが中心となります。千葉は降雨の影響で収穫遅れがみられ、青森・北海道は平年並みの生育となっています。

 レタスは、長野・岩手・群馬などの高冷地が中心の出荷となります。出荷量は気温の上昇に伴い、7月以降本格出荷を迎える見込みです。

 トマトは、北海道・東北産地・関東産地が中心の出荷となります。現状、東北産地は着色が遅れ気味ですが、今後、夜温の上昇とともに「海の日」頃には平年のペースに回復する見込みです。出荷量は、前年並みを見込んでいます。

 キュウリは、東北産地が中心の出荷となります。6月は冷え込みから少ない出回りでしたが、7月上旬以降、本格的な増量となる見込みです。

 ナスは、関東産地が中心の出荷となります。出荷量は、多かった前年をやや下回る見込みです。

 ピーマンは、茨城に加え青森、岩手、福島などの夏秋産地の出荷も本格化してきます。東北産地はやや遅れがみられますが、「海の日」頃には本格出荷を迎える見込みです。

 

【店頭】

 気温、湿度とも高い時期となり、清涼感のある香味野菜やエダマメ、トウモロコシなど、季節感のある野菜が大きく展開されるようになり、夏野菜の本格的なシーズンを迎えます。

果実

夏の果実が本格化
【概況】 

 7月は、スイカ、メロンに加え、桃、ブドウ、梨などの夏果実の出荷が本格化するシーズンとなります。

 スイカは、山形・長野などが中心の出荷となります。好天に恵まれ順調なとなっており、出荷量はおおむね前年並みを見込みます。

 メロンは、千葉・北海道・山形などが中心の出荷となります。生育は順調で、味の仕上がりは良好となっています。出荷量は、前年をやや下回ると見込みます。

 桃は、山梨・福島などが中心の出荷となります。各地とも好天に恵まれ、生育は前年より早くなっています。出荷量は少なかった前年を上回る見込みです。

 ブドウは、「デラウェア」が山形・山梨などが中心の出荷。中旬まではハウスもの、以降は露地物中心となります。「ピオーネ」、「巨峰」などの大粒品種の出荷も本格化してきます。出荷量は、前年をやや上回る見込みです。

 梨は、福岡・佐賀などが中心の出荷となります。ハウス「幸水」は平年並みの生育となっていますが、露地「幸水」は全国的に生育が早くなっており、下旬には各産地出そろう見込みです。出荷量は前年を上回る見込みです。

 ハウスミカンは、佐賀・愛知が中心の出荷となります。生育は順調で内容も安定しています。出荷量は、おおむね前年並みとなる見込みです。

 

【店頭】

 国産果実の品目数量が増えてくる時期ということもあり、売り場も華やかになってきます。週替わりで、さまざまな品目の催事・セールスが行われます。

主産県だより

 6月は、トマト・ミニトマト、キュウリ、レタス、アスパラガス、梨、リンゴ、桃、ピーマンの主産県が一堂に会し、作況見通しや販売対策の共有化、消費拡大の進め方について協議しました。今後も主産県による情報交換会などを定期的に開催し、出荷情報や販売情報の共有を図ります。

カテゴリー最新記事

ページトップへ