流通情報

流通情報
園芸部

青果情勢

野菜

夏秋産地からの出荷が本格化
【概況】 

 8月は、東北・北海道や高冷地などが主産地となり、出荷最盛期を迎えます。

 キャベツは、群馬の高冷地や岩手・長野などが中心の出荷となります。群馬・長野は高温と干ばつから生育は鈍いですが、徐々に回復する見込みです。岩手は気温の上昇から出最盛期となるでしょう。出荷量は前年並みを見込みます。

 ハクサイは、長野などが中心の出荷となります。干ばつ傾向ではありますが、生育はおおむね順調となっています。大きな天候の崩れなどなければ、順調な出荷が見込まれます。出荷量は、前年並みを見込んでいます。

 ダイコンは、北海道・青森などが中心の出荷となります。北海道は、種まきできていない時期があり、一時的に出荷ペースが停滞する畑もあるでしょう。出荷量は前年をやや下回る見込みです。

 ニンジンは、北海道・青森などが中心の出荷になります。7月中旬までの低温と長雨から、細物中心となっています。出荷量は、豊作であった前年を下回る見込みです。

 レタスは、長野・群馬の高冷地が中心の出荷となります。他の葉物野菜と同様、順調な出荷が見込まれますが、高温による出荷量減少が懸念されます。出荷量は、前年を下回る見込みです。

 トマトは、北海道・東北産地が中心の出荷となります。7月中旬までの低温・長雨から、出荷量は回復に向かうものの、花落ちした段がみられるため、前年を下回る出荷を見込みます。

 キュウリは、東北産地の露地物が中心の出荷となります。8月上旬に向け、各産地は出荷最盛期を迎えるでしょう。出荷量は、前年並みを見込んでいます。

 ナスは、関東産地が中心の出荷となります。8月上旬に出荷最盛期を迎え、盆明け以降徐々に減少するでしょう。出荷量は前年並みを見込みます。

 タマネギは、北海道からの出荷が始まります。出荷量は、潤沢だった前年並みを見込んでいます。

【店頭】

 7月に引き続き、清涼感のあるレタス、トマト、キュウリなどのサラダ商材や、ミョウガ、小ネギ、大葉などの薬味商材の荷動きが活発になる時期です。この他、エダマメ、トウモロコシ、ゴーヤー、ナスなどの季節感のある商材が積極的に陳列されます。

果実

夏果実の出荷ピーク
【概況】 

 8月は、出荷の後半となる桃・スイカ・メロン類に加え、ハウスミカン・ナシ・ブドウ・スモモが本格的な出回りとなります。

 桃は、福島・山梨などが中心の出荷となります。生育は前年より早く、福島の「あかつき」、山梨の「川中島白桃」など、さまざまな品種が出回ります。出荷量は、前年をやや下回る見込みです。

 スイカは、山形・長野などが中心の出荷となります。山形はお盆が出荷ピークとなり長野も8月前半がピークとなる見込みです。出荷量は前年をやや下回る見込みです。

 メロン類は、関東産地から北海道・青森などに切り替わります。北海道産のピークはお盆明けになる見込みです。出荷量は前年をやや下回る見込みです。

 ブドウは、「デラウェア」が山形、大粒品種が山梨・長野などが中心の出荷となります。大粒品種は「巨峰」や「ピオーネ」などの品種が出回ります。ピークは8月上旬となる見込みで、出荷量は前年を上回る見込みです。

 ナシは、福岡などの九州産地、千葉・茨城などが中心の出荷となります。生育は遅かった前年と比べると1週間ほど早く、関東産「幸水」のピークは8月上旬となる見込みです。出荷量は前年を上回る見込みです。

 ハウスミカンは、佐賀・愛知・愛媛などが中心の出荷となります。高温干ばつ傾向で着色遅れが見られますが、食味は充実しています。出荷量は、前年並みを見込んでいます。

 リンゴは、8月から30年産の出荷が始まります。出荷量は、前年を、上回る見込みです。

【店頭】

 旧盆や夏休みなどがテーマとなった売り場作りが行われる8月は、量販店や果実専門店の売り上げが1年の内で一番多い月です。販売方法も1品目で複数の規格の品ぞろえをするにぎやかな売り場となります。

主産県だより

 7月はレタス、ナシ、ピーマン、ブロッコリー、桃、リンゴ、アスパラガスの主産県が一堂に会し、作況見通しや販売対策の共有化、消費拡大の進め方について協議しました。今後も主産県による情報交換会などを定期的に開催し、出荷情報や販売情報の共有を図ります。

カテゴリー最新記事

ページトップへ