流通情報

流通情報
園芸部

青果情勢

野菜

主力産地は関東以西中心へ
【概況】 

 10月は、果菜・葉茎菜類を中心に、関東などの平野部からの出荷が増加してきます。

 キャベツは、群馬などの高冷地に加え、千葉や茨城からの出荷も本格化してきます。千葉・茨城は夏季の干ばつからやや生育遅れとなっていますが、出荷量は平年並みの見込みです。

 ハクサイは、長野に加え、後続の茨城などからの出荷も開始されます。台風の影響も少なく、良好な作柄となっています。出荷量は、前年並みを見込みます。

 ダイコンは、北海道・青森などが中心の出荷となります。下旬からは関東産地からの出荷も本格化してきます。生育は遅れているものの品質良好で、出荷量は前年を上回る見込みです。

 ニンジンは、北海道などが中心の出荷となります。肥大期の干ばつによる肥大不足などにより、豊作となった前年を下回る見込みです。

 レタスは、長野・群馬・岩手などの夏秋産地から、後続の茨城へと切り替わっていきます。長野・茨城ともに生育がやや遅れているため、出荷量は前年よりもやや少なくなる見込みです。

 トマトは、東北産地から、関東や西南暖地へと切り替わります。東北・関東は8〜9月の天候不順の影響で、作柄は平年をやや下回っています。西南暖地は順調な生育となっています。

 キュウリは、東北産地が減少し、関東産地が中心となります。東北産は出荷終盤から減少となりますが、関東産は作柄良く、前年並みの出荷を見込みます。

 バレイショ・タマネギは、北海道が中心の出荷となります。産地によりばらつきはありますが、生育は夏季の干ばつなどの影響により小玉傾向となっています。出荷量は前年を下回る見込みです。

【店頭】

 食欲の秋・行楽の秋を迎え、店頭の販促企画もにぎやかになります。天ぷら・サラダ料理に加え、「鍋」や汁物、シチューなどのメニューに関連したコーナーが展開されます。

果実

秋の味覚が勢ぞろい
【概況】 

 10月は、ミカン・リンゴ・ブドウ・柿・栗など、代表的な果実が出回る時期となります。

 ミカン類は、熊本・長崎・愛媛などを中心に、極早生種の出荷が本格化します。やや小玉傾向ですが、内容も良く、出荷量はおおむね前年並みとなる見込みです。

 梨は、栃木を中心に「新高」や「にっこり」、長野の「南水」などの品種が中心となります。前倒し出荷となっていることから切り上がりも早く、10月の出荷量は前年を下回る見込みです。

 リンゴは、青森・長野などが中心の出荷となります。「つがる」が9月末でほぼ終了し、「早生ふじ」や「秋映」、「シナノスイート」、「秋陽」などの中生種の出荷が本格化してきます。生育は前年よりやや早く、食味も充実しており、バラエティーに富んだ品種を楽しめる時期となります。出荷量は前年をやや下回る見込みです。

 柿は、和歌山・奈良・福岡などが中心の出荷となります。「刀根早生」に加えて、「平核無」の出荷も始まってきます。肥大はやや小玉傾向で、出荷量は前年をやや下回る見込みです。

 ブドウは、長野・岡山・山梨が中心の出荷となります。生育前進傾向でやや小房傾向であることから、10月の出荷量は前年をやや下回る見込みです。

 栗は、茨城が中心の出荷となります。出荷量は少なかった前年を上回る見込みです。

【店頭】

 秋本番となり、収穫フェアーや県産フェアーなどの企画が多くなります。果実売り場にリンゴ・ブドウ・ミカン・柿などが所狭しと並べられ、一年で最も活気づく月です。果実をもっと食べていただく良い機会です。

主産県だより

 9月はレタス、梨、ピーマン、リンゴ、バレイショ、タマネギの主産県が一堂に会し、作況見通しや販売対策の共有化、消費拡大の進め方について協議しました。今後も主産県による情報交換会などを定期的に開催し、出荷情報や販売情報の共有を図ります。

カテゴリー最新記事

ページトップへ