流通情報

流通情報
園芸部

青果情勢(園芸部)

野菜

春野菜の出荷が本格化
 
【概況】

 3月は、出荷産地が西南暖地から関東へと移り、冬野菜に代わって春野菜の出荷が本格化してきます。

 キャベツは、愛知・千葉・神奈川などが中心の出荷となります。気温上昇にともない生育の回復が見込まれますが、これまでの低温等の影響で小玉傾向の出荷となる見込みです。出荷量は、多かった前年を下回る見込みです。

 ハクサイは、茨城・兵庫などが中心の出荷となります。秋冬作が終盤で中旬から春作の出荷が始まります。春作の生育はやや遅れ気味。総体の出荷量は、前年並みか前年をやや下回る見込みです。

 レタスは、茨城・兵庫・静岡などが中心の出荷となります。台風後に定植したものが出荷されますが、低温と干ばつで生育は遅れ気味です。出荷量は、前年を下回る見込みです。

 ダイコンは、千葉・神奈川などが中心の出荷となります。中旬以降はまき直し分の出荷もあり増量の見込みですが、低温で小ぶりの仕上がりとなる予想。出荷量は、前年を下回る見込みです。

 ニンジンは、千葉の秋冬作から徳島などに産地が切り替わります。終盤の千葉は残量少なめ、徳島は種まき作業や生育に遅れが見られます。総体の出荷量は、前年を下回る見込みです。

 トマトは、熊本・静岡・栃木・愛知などが中心の出荷となります。出荷量は、前年並みを見込みます。

 キュウリ・ナスは、西南暖地や関東産地からの出荷となります。生育に大きな問題はなく、出荷量は多かった前年をやや下回る見込みです。

 バレイショは、北海道や鹿児島が中心の出荷となります。出荷量は、前年並みを見込みます。

 タマネギは、北海道・佐賀・静岡などが中心の出荷となります。出荷量は、前年並みを見込みます。

【店頭】

 店頭では、ひな祭りや卒業式などの催事に合わせたフェアが実施されます。鍋商材からサラダ商材を中心とした売り場の演出が行われるようになります。

果実

イチゴと中晩かん類が中心
【概況】

 3月は、イチゴと中晩かん類が中心で、その他、キウイフルーツ、アールスメロン、スイカなどの品目展開となります。

 ミカンは、貯蔵物の産地を残して、出荷は終盤に向かいます。

 その他のかんきつ類では、デコポン・清見などを中心とした中晩かんの出回りが中心となります。

 不知火は、熊本・愛媛の露地物の出荷が本格化し、ピークを迎えます。小玉傾向となっており、前年よりやや少ない出荷量が見込まれます。

 清見は、和歌山に続いて愛媛からの出荷が始まります。1月の降雪により、前年を下回る出荷量が見込まれます。

 リンゴは、青森の貯蔵物の出回りとなります。貯蔵量はふじ・王林ともに前年を下回る見込みです。

 イチゴは、栃木・福岡・佐賀・静岡などが中心の出荷となります。3月に入ってからは各産地とも3番果が順調な出荷となり、出荷量は前年並か前年をやや上回る見込みです。

 キウイは、和歌山・愛媛などが中心の出荷となります。出荷量は不作であった前年を上回る見込みです。

 アールスメロンは、静岡が中心の出荷となります。低温の影響により小玉傾向であり、出荷量は前年をやや下回る見込みです。

 スイカ類は、大玉スイカが熊本、小玉スイカが群馬・茨城等の関東産地が中心の出荷となります。大玉スイカ・小玉スイカともに低温の影響により小玉傾向であり、出荷量は前年をやや下回る見込みです。

【店頭】

 3月は催事が多く、人気のあるイチゴ、デコポンなどが販売の目玉として積極的に陳列されるようになります。特にイチゴは、各産地から個性的な品種や商品が出回っており、豊富な品ぞろえとなります。

主産県だより

 2月は、レタス、トマト・ミニトマト、ニンジンの主産県が一堂に会し、作況見通しや販売対策の共有化、消費拡大の進め方について協議しました。今後も主産県による情報交換会などを定期的に開催し、出荷情報や販売情報の共有を図ります。

カテゴリー最新記事

ページトップへ