インフォメーション

インフォメーション
畜産生産部

防疫講習会を全国で開催中

家畜伝染病拡大を防ぐ!!

「防疫マニュアル」のポイントを説明する家畜衛生研究所クリニック東日本分室の長濱明成職員

 全農は豚コレラの発生を踏まえて、JAグループ全体で防疫のさらなる強化を目指すべくJAグループ職員向け「防疫マニュアル」を制作しました。当マニュアルを用いた防疫講習会を5月から全国で始めましたので、その一部を紹介します。


 全農は5月31日に群馬で、6月5日に岩手、同7日に長野で防疫講習会を開催しました。

 「防疫マニュアル」のポイントを冊子、動画を用いて、家畜衛生研究所のクリニック担当職員が解説しました。

 また、群馬の会場ではスライドの解説後、車両・車内の消毒についても実演を行いました。

 長野の会場では、日ごろの生産者への対応時に聞いた疑問や事例などに関して、具体的な質問が多く寄せられ、所属団体や会社や部署の垣根を越えて貴重な情報共有の機会となりました。

 引き続き、関係団体の皆さまと共に、防疫強化に取り組んでいきます。講習会の開催予定や実施に当たって、ご不明な点やご要望などありましたら、お気軽にご連絡ください。

 今後とも、JAグループ一丸となって防疫強化の取り組みを実施してまいります。ご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

講習会予定は随時更新中です。掲載情報のほか、開催している地域や急な変更がある場合がございますので、予めご了承ください。
群馬県本部で行った車両消毒の実演

 講習会参加者からの主な意見

防疫の重要性を再確認することができた。JAグループの一員として一体感を持って取り組んでいくことが大切だと思う(群馬)。

中国をはじめ海外の方が多く来るようになった。そのような方々にも防疫のことを知ってもらいたい(長野)。

防疫は繰り返し意識付けを行うことが重要。今回の講習などを通じて繰り返し周知し意識付けをしていきたい(岩手)。

問い合わせ先

畜産生産部 推進・商品開発課 TEL:03-6271-8236 FAX:03-5218-2526

全農が提供する畜産情報サイトはこちらから

http://jaccnet.zennoh.or.jp

カテゴリー最新記事

ページトップへ