コミュニケーション

コミュニケーション
協同乳業㈱

青森県産生乳73%使用 「農協珈琲」新発売

関東地区スーパーで販売を始めた「農協珈琲」

酪農家の思いを込めて

 協同乳業株式会社は、酪農生産者の思いが詰まった新商品「農協珈琲(コーヒー)」(1㍑紙パック)を3月25日、関東地区のスーパーマーケットで販売を始めました。


 この「農協珈琲」は、素材のおいしさにこだわったミルクのコク豊かなコーヒーです。健康な牛は良質な草から、良質な草は健康な土からと、自然循環型サイクルの酪農を大切にしている青森県の酪農家が生産している生乳を、ぜいたくに73%使用。コーヒーは、豊かな自然に恵まれたコロンビア産のコーヒー豆を使用しました。生乳、コーヒー、砂糖だけで作られていることから、素材そのもののおいしさを実感していただける商品となっています。

 生産者とのつながりと素材のおいしさを大切にした、「農協」ならではのおいしいミルクコーヒーをぜひ、お楽しみください。

JAタウンの農畜産物が当たるキャンペーンを予定しています

 

カテゴリー最新記事

ページトップへ