インフォメーション

インフォメーション
耕種総合対策部

「アピネス/アグリインフォ」、「Z-GIS」に新機能追加

営農管理や営農指導などに活用を

 耕種総合対策部は、JAグループ向け会員制営農情報サービス「アピネス/アグリインフォ」と生産者・JA向けの営農管理システム「Z-GIS」に新機能を追加しました。


アピネス/アグリインフォ 気象情報のメール送信機能などを追加

 アピネスの気象情報コンテンツにアラートメールを送信する機能を追加しました。事前に設定した条件に合致する気象予報が発生した時に、指定したメールアドレスへ「お知らせメール」を送信します。気温、降水量、風速、降雪量、霜、積算温度の6要素について、ユーザーが自由に条件設定できます。さらに、指定した都道府県の病害虫発生予察情報が発表された際にメールを受信する設定も可能です。

 また、会員でなくても利用できるログイン前のトップページに営農情報の掲載を始めました。研修会・講習会、会議、マニュアルなどの資料や動画を掲載することにより、幅広く全農の取り組みを発信します。今後徐々に情報を増やしていきます。

入会、閲覧はこちらから http://www.agri.zennoh.or.jp/

アラート条件の設置とメール送信のイメージ
 Z-GIS 1kmメッシュ気象情報の利用を開始
 Z-GISはインターネット上の電子地図とMicrosoft Excelのワークシートを結び付けた地理情報システムです。
 
 今回のバージョンアップでは、アピネス/アグリインフォで利用している1kmメッシュ気象情報の一部をZ-GISでも利用できるように改良しました。Z-GISの地図の中心で気象ボタンをクリックすると、その地点の気象情報が表示され、気温、降水量、天気予報、任意の期間の積算気温や、積算気温に達する日の予想などがグラフ表示されます。
 
入会、ダウンロードはこちらから https://z-gis.net/99/index.html
活用例:1~3月の気温の推移
活用例:積算温度1,000℃到達日の推定
 
 アピネス、Z-GISの新しい機能をぜひ営農指導などにご活用ください。

カテゴリー最新記事

ページトップへ