特集

特集
大分県本部
営業開発部

「ニッポンエール 大分県産完熟かぼす」新発売

「ニッポンエールプロジェクト」第2弾

 全農は2019年から、日本全国の特徴ある農畜産物を原料とした加工品を「ニッポンエール」ブランドとして発売しています。この取り組みを消費者と一緒になってさらに盛り上げていこうと、21年6月、全国の産地を応援する「ニッポンエールプロジェクト」がスタートしました。10月4日に同プロジェクトの第2弾となる清涼飲料水「ニッポンエール 大分県産完熟かぼす」が伊藤園から発売されました。


 このプロジェクトは「全国から届けられる日本産のたべものに、そしてにっぽんに、ここからエールをおくろう。」というコンセプトの下、全農とメーカー、販売先が協力して、国産農畜産物のPRやキャンペーンなどを展開し、商品を通じて産地を応援していこうという活動です。

 第1弾では、伊藤園やJA宮崎経済連と連携して、清涼飲料水「ニッポンエール 宮崎県産日向夏」を6月に発売しました。約300万本を出荷し、生果が当たるキャンペーンでは応募が1万人を超えるなど、大変好評でした。

 現在、農業の現場では、高齢化や人手不足といった多くの課題があります。第2弾の原料である大分県のカボス産地でも、高齢化や人手不足が原因で、カボスが緑色の時期に収穫しきれず、木の上で黄色くなっていました。黄色のカボスは傷みやすく、広域での流通が難しいため、県内での消費にとどまっていました。

 しかし、黄色く色づいた「完熟かぼす」は甘味が増し、酸味がまろやかになるといった特長があります。これを生かし開発した「ニッポンエール 大分県産完熟かぼす」は、「完熟かぼす」のまろやかな酸味と爽やかな香りが楽しめる清涼飲料水です。果汁にし、製品化することで、「完熟かぼす」の認知拡大や生果の販売拡大にも貢献したいと考えています。また、特設HPでは産地や生産者の思いを発信し、SNSでは「かぼすと大分ねぎしゃぶセット」が当たるキャンペーンを企画しています。

 9月29日には、伊藤園と大分県農業協同組合、大分県本部、営業開発部の関係者が広瀬勝貞県知事を訪問し、同製品の紹介や試飲を行いました。広瀬県知事は「ニッポンエールプロジェクトは、こうした地域の農産物の新たな価値の創造を後押しする、本県にとっても大変ありがたい取り組みです。本商品の発売が、カボスの新たな可能性を見いだし、知名度向上や生産者の所得向上に寄与するものと期待しています」と話しました。

 今後も「ニッポンエールプロジェクト」ではさまざまな商品を通じて、全国の特徴ある農畜産物の産地を応援する取り組みを進めていきます。

開発ストーリーをnoteで公開中
https://note.com/zennoh_pr/n/n1dc2ae2f1966

500g
280g
伊藤園と大分県農業協同組合、全農の関係者が広瀬大分県知事(中央)を訪問


 
株式会社伊藤園 広域量販店営業本部一部第二課 本部晋太郎 課長(全農担当者)
 
 共同開発の取り組みは、2019年3月の「毎日の健康茶(ティーバッグ)」でスタートしました。その後、第2弾として「濃い健康青汁(粉末)」を発売、21年6月に「ニッポンエールプロジェクト」に参画し、第1弾「宮崎県産日向夏」を発売、そして今回、第2弾「大分県産完熟かぼす」を10月4日に全国発売しました。「完熟かぼす」は傷みやすく、県外への流通が難しいという課題がありますが、完熟することで爽やかな香りはそのままに、酸味はまろやかになり非常においしい。その魅力を全国の皆さまにお知らせしたい。その思いで大分の方々のお力をいただき商品化しました。生果の販売拡大にもつながるよう、全力で営業活動に努めてまいります。
 

カテゴリー最新記事

ページトップへ